教育委員会  


第6回皮膚真菌症指導者講習会開催のご案内

一般社団法人日本医真菌学会
教育委員会委員長 杉田 隆
実行責任者 望月 隆

前略
皮膚真菌症は最も有病率の高い感染症ですが、近年診療能力、とくに診断技術の獲得を系統立てて行うことが困難になっています。そこで日本医真菌学会では皮膚科医の診療能力の向上を図るため、講習会を企画しました。この講習会は、例年若手医師の指導に携わる皮膚科(専門)医が、後進を指導する上で必要な情報を得ることを目的に開催していましたが、興味がおありの方ならば専門医資格にかかわらず受講可能です。奮ってご応募ください。

草々

1:対象者
皮膚科専攻医の指導に携わる、あるいは将来携わることが期待される皮膚科医。意欲的な方ならば初期研修医も応募可能です。日本皮膚科学会専門医で講習参加者には後実績として3単位が認められます。日本医真菌学会の会員ならば臨床検査技師の方も受講可能です。
2:講習会の目標
皮膚科医が皮膚真菌症の診療に必要な診断技術、態度を身に付け、さらに初期研修医、皮膚科専攻医の指導に携わる際に有用な基礎的知識、診断技術を習得する。
3:講習内容と時間割
平成30(2018)年7月28日(土) 10:00〜15:35
※休憩時間は設けておりますが昼食のご用意はございません。
プログラムはこちらをご確認ください。
4:定員の設定
24人(先着順、各施設3名まででお願いいたします。定員になれば締め切ります)
5:開催場所
〒173-8605 東京都板橋区加賀2-11-1
帝京大学板橋キャンパス大学本館3F(317)生物学実験室
TEL:03-3964-2140
6:申込方法
参加申込書を事務局までFAXにてお送り下さい。
なお、参加費5,000円は下記口座までご入金下さい。
みずほ銀行 高田馬場支店 (普通)2795252 一般社団法人日本医真菌学会
参加申込書とご入金が確認できましたら受講票をお送りさせていただきます。
7:申し込み締め切り
平成30(2018)年7月6日(金)必着

以上

一般社団法人日本医真菌学会事務局
〒169-0072 東京都新宿区大久保2-4-12
新宿ラムダックスビル9階
(株)春恒社 学会事務局内
TEL: 03-5291-6231 FAX: 03-5291-2176
E-mail:kaiin@jsmm.org


「第1回皮膚真菌症指導者講習会記録」

 2013年9月29日に日本医真菌学会教育委員会企画の上記講習会が帝京大学医学部で開催された。

 この会は皮膚科医の真菌症診断能力を向上させることを目的として、医育機関において後期研修医
の指導にあたる中堅皮膚科医の知識、技能、そして指導力の向上を目指して企画されたものである。
学会内外の皮膚科医など23名の参加者が、比留間理事長以下7人のタスクフォースの指導のもと、
午前10時から15時30分までの1日コースの講習を受講した。講習内容は真菌学の総説、KOH法、
真菌培養法、同定法の講義と実習であり、講習終了時に比留間理事長より受講証が手渡された。
評価シートによる講習会の評価は概ね好評であった。時間的に少し短いとする意見が見受けられ、
また培養に対する興味が高い事がわかった。なお講習会当日の様子、ならびに当日使用したテキスト
はこのホームページからアクセス可能である。

 第2回講習会は第58回日本医真菌学会の開催に合わせて2014年9月に開催する予定である。
 (文責 望月 隆、 金沢医科大学皮膚科)